210905 米国株手数料0の実態 〜じっちゃま〜

じっちゃま

米国のネット証券はどのようにして手数料ゼロを実現しているか?

Payment for Orderflow

ロビンフッド(Robinhood,HOOD)で問題となっている、

株式取引受注システム。

現在、証券取引委員会(SEC)が調査中。

必ずしもニューヨーク証券取引所でのオーダーがベストではない

特定の証券取引所のみにオーダーするシステム。

したがって、

NY証券取引所より安い取引所を

利用しないシステムになっている。

問題は、「NY証券取引所の取引金額と比べて、『もうかった』」と表示されること。

ロビンフッドの8割がこの形態。

問題は、

「NY証券取引所の取引金額と比べて、

 『もうかった』と表示されること」。

なぜ手数料0??

客のオーダー自体に価値があるため、

それを特定のマーケットメーカーに持ち込むことで

利益が得られる。

その情報が機関投資家に出回る。

問題点おさらい

1.特定の証券取引会社のみと比較して

  「もうかった」と表示されること

2.オーダー自体が販売されていること

  そしてその情報が

   機関投資家に筒抜けになっていること

Robinhoodの行方は暗い

現在SECの調査を受けており、

今後問題点が露呈し、

マスコミに取り上げられる可能性大。

株は保有しない方が望ましい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました