210514 米インフレ懸念、ゴールドが最強の投資

Gold

【結論】Gold投資

長期投資:買いつづける(インフレ対策)

短期投資:買い

 チャートがブレイクアウトする可能性高い

【内容】

注目ニュース

米消費者物価指数(インフレ指数)

→ 4月で4.2%の上昇

👉 急上昇

中央銀行利上げ予測、金融緩和終了予測

👉 貴金属、とくにGoldがチャンス

   (インフレ率が上がると、Goldが上がる)

   (コモディティは一般に下がる)


消費者物価指数/Gold価格

(歴史的にほとんど一緒に動いている)

最近、米国消費者物価指数が一時的に上がった

→ 一時的で戻るというニュースが多いが、

  4.2%というインフレ率は

  2008年9月以来の水準(めずらしい

2008年9月

インフレ率4.2%の発表を受けて

Gold暴騰:2倍以上上がった

👉 たしかにインフレ率は一時的かも。

But

株価が下がり、仮想通貨が下がり、

国債が下がり、コモディティが下がっている。

👉 現状で

  インフレ率が上昇すると仮定すると、

  安全な投資先はGoldしかない。


チャート分析

Gold価格:持ち合いパターン

 上線を突破しようとしている:重要

□RSI:上昇トレンド

□MACD:上昇トレンド

□ボリンジャーバンド:幅の中

👉 金は上がるチャートを示している

(実はSilverも持ち合いパターン)

(プラチナは持ち合いパターンから

 上抜き脱却している)

なぜGoldのみに注目??

  1. 一番の理由はポゼッション

  機関投資家:1年間で低い

  純投機:やはり低い水準

👉 Silver、プラチナのポゼッションは高い

2. CFD

Silver90%long、プラチナ96%long:過剰評価

Gold80%long 👉 比較的に低い

👉 👉 先物も、CFDも

  Goldが割安

P .S .

仮に中央銀行が利上げをしたら、

株価 & 国債 & コモディティ & 暗号通貨

すべてがダウン。

安全な投資先はGoldのみ。

TOMO”見解

Gold購入法として、

金鉱株への投資があります。

そこで今回は

金鉱株のチャートでその有効性を

検討してみました。

👉 金鉱株(GDX)投資、

   Gold上昇時には有効なようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました